家計と保険 相談室 保険のプロがあなたをガイド

正しい保険の基礎知識|鳥取保険会社

  • 代表あいさつ
  • 店舗紹介/交通アクセス
募集代理店バード保険事務所 東京海上日動火災保険株式会社 東京海上日動あんしん生命保険株式会社 アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)
  • サイトマップ
  • 会社情報
  • お問い合わせ
トップ:>正しい保険の基礎知識 > 保険に関する用語集【タ~ハ行】アーカイブ
正しい保険の基礎知識 > 保険に関する用語集【タ~ハ行】アーカイブ

保険に関する用語集【タ~ハ行】記事一覧

払済保険

保険料の払込が困難になったときに、以後の保険料の払込を中止して、そのときの解約払戻金をもとに、保険満了日(保期は残余期間)を変えないで、一時払いの養老保険もしくは元の契約と同じ種類の保険に切り換て活用する。

被保険者

生命保険の対象として保険がつけられている人のこと。

復活

保険料支払の遅滞などで失効した保険契約を元に戻すこと。所定期間内であり、失効期間中の保険料を支払うことなどが条件。

平準純保険料式責任準備金

生命保険会社は、将来、保険金などを確実に支払うために責任準備金を積み立てている。生命保険会社の事業費は、現実には営業職員・代理店への報酬、保険証 券の作成費用、医師への診査手数料などの経費の支払いのため契約初年度は多額になるのが一般的である。「平準純保険料式」は事業費を保険料払込期間にわ たって毎回一定額(平準)と想定し、責任準備金を計算する方法である。

平準保険料

年齢が増えると保険料が増加するような保険契約の場合に、全保険料払込期間を通じて一定額となるように計算された保険料。主として生命保険(個人契約)で採用。

保険金

保険事故発生により、保険契約に基づき、保険会社から被保険者や保険金受取人に対して支払われる金銭。

死亡保険金受取人

死亡保険金を受け取ることができる人。保険契約者が指定する。この指定のないときは、被保険者の法定相続人が受け取ることとなっている場合が多い。

保険金額

保険事故が発生した場合に、保険会社が支払うべき金額の限度額として、保険契約に際して、保険会社と保険契約者との間で定めた金額。

保険契約者

自分の名前で保険契約を結んだ人。保険契約上の各種の権利(解約権など)や義務(保険料支払、告知義務、通知義務など)を有する。なお保険契約成立前は、申込人という。

保険事故

保険者が、その事故発生の場合に保険金を支払うと約束した事故。偶然なものであることが必要である。

保険約款貸付

保険約款貸付には2種類ある。ひとつは、契約者が資金を必要としたときに解約返戻金の一定範囲内で利用できる「保険契約貸付」、もうひとつは、保険料の払 い込みが一時的に困難となり、払込猶予期間内に払い込まれない場合に、保険契約の失効を防ぐため解約返戻金の範囲内で、保険料とその利息の合計額の立て替 えを行う「保険料振替貸付」である。

保険料

保険契約において、保険契約者が、保険会社が行う給付(危険負担)の対価として支払う金銭。

募集代理店

生保会社の委託を受け、生命保険契約の締結の媒介をする者。

保有契約高

個々のお客様に対して生命保険会社が保障する金額の総合計額。ご契約者から払い込まれた保険料の総合計額(保険料収入)とは異なる。

ディスクロージャー

”企業の経営内容の公開”のことで、生命保険会社においては保険業法第111条に基づき、経営内容や財政状態はどうなっているのか、どんな保険商品やサー ビスがあるのかなどの情報を開示している。これらは毎年作成されるディスクロージャー資料に掲載されており、生命保険各社の本社・支社・営業所・事務所な どで閲覧することができる。

定期保険

所定の保険期間内に死亡した場合のみ保険金が支払われる(満期保険金などがない)保険。「定期」とは保険期間が限定されている(終身ではない)という意味。

定款

株式会社などの組織活動の根本規則。商法に定める。会社の目的、保険の種類、事業の範囲、名称、主たる事務所の所在地などを記載する。保険会社は、保険業 法により、保険業の免許を受ける際の基礎書類のひとつとされている(免許申請書に添付して内閣総理大臣に提出する)。相互会社の場合、ご契約者=社員(株式会 社の株主に相当する)なので、ご契約者にとって定款が約款とならんで重要になる。

賃貸用不動産等減価償却費

減価償却費(固定資産の取得価額をその耐用期間の各事業年度に配分する手続き)のうち、投資用不動産・動産などにかかわるものを計上する。

チルメル式責任準備金

生命保険会社は、将来、保険金などを確実に支払うために責任準備金を積み立てている。生命保険会社の事業費は、現実には営業職員・代理店への報酬、保険証 券の作成費用、医師への診査手数料などの経費の支払いのため契約初年度は多額になるのが一般的である。「チルメル式」は、チルメル(Zillmer)とい うドイツ人が考案した責任準備金の積立方式で、事業費を初年度に厚くし、初年度以降、一定の期間(チルメル期間といい、5年、10年などの期間がある)で 償却すると想定し、責任準備金を計算する方法である。

団体保険

多数の被保険者を対象として、1枚の保険証券で契約する保険契約。団体には企業体のほか、協同組合、医師会、弁護士会、町内会、PTAなど(団体類別基準に適合するもの)が含まれる。

団体信用生命保険

銀行など(債権者)から住宅ローンを借りる人(債務者)のための特殊な定期保険。債務者が返済途中で死亡した場合、その時点の債務残高相当額の保険金が債権者に支払われ、借入金が清算される。

退職給与引当金

将来の従業員の退職金の支払いに備えて積み立てるもの。この金額については、退職金規程などに基づいて合理的・計画的に毎期計上することになっている。

お客様に納得して頂く保険があるんです! 個人のお客様向け 法人のお客様向け 正しい保険の知識 専門家のプロフィール
TOP QUALITY代理店
お電話でのご相談 0857-29-0557 LINEで保険相談

ホームページからのお問合せ

【受付時間】
9:00~19:00(月~金曜日)
9:00~17:00(土曜日)
【定休日】日曜・祝祭日

直接会ってご相談 交通tアクセスはこちら
お気に入りの担当者にメールで匿名相談! ご指名下さい! facebookfacebook
資料請求